素人登山者の山行クロニクルズ

アウトドアとは無縁な生活を送っていた引きこもり系会社員が、何を血迷ったか、登山にハマってしまいました。
主に素人登山者の行く、素晴らしき登山(珍道中)の記録です。

☆乾徳山☆~登山三年目突入 GWは山でもアトラクション待ち~

皆さんお久しぶりです。


なんやかんやで、1月から全くブログを更新していない体たらくです。


理由はサボっていたわけではなく、このオフシーズン、天候が悪かったり、花粉症だったりして本当に登山に行ってなかったからなのです。


というわけで、ゴールデンウィーク5月5日、久しぶりの登山に行くことに相なりました。


場所は、日本二百名山、山梨県にある乾徳山です。


標高は、2,031m 
頂上に行くに従って、変化に富んだコースを楽しむことができます。


その中でも、ほぼ垂直な岩壁を登る鎖場は、乾徳山最大のアトラクションです。




8:25 はいはい、今回の旅の始まりは、山梨県JR塩山駅から。
登山の為の朝四時起きも、なんだか久しぶりです。


そして、駅を降りた瞬間には、この長蛇の列。
皆バス待ちです。
人気のハイキングスポットである、西沢渓谷に行く人がほとんどじゃないかと思います。
別に嫌いなわけではないのですが、僕はピークハントのない登山は、あまり行く気になりません。



増発便が二台くらい来たと思います。
西沢渓谷恐るべし。
ゴールデンウィークは結局どこも混んでるってわけです。



9:15 ハイカーだらけのバスに揺られること約30分、
乾徳山登山口に到着です。


なんだかんだ、ここでも結構な人が降ります。



これが今回のコースです。
道満尾根から登って、高原ヒュッテを経由して下山する周回コースです。


これを見ると、何てことのないいつもの登山って感じですが、今回はある懸念事項があります。



それがこれ。
帰りの塩山行のバスの最終は16:08です。
今からだと約7時間ほどしかありません。
コースタイムと休憩時間を考えると、非常にタイトな持ち時間です。



常日頃から考えます。
マイカー登山をすることの少ない僕にとって、登山をする上での最大の敵は、天気でもコースの状態でも、ましてや体力でも精神力でもなく、公共交通機関』なのではないかと・・・。



9:20 時間もないので、四の五の言わずに出発です。
※塩山行 最終のバスまで、あと6時間48分



ここで道満尾根コースへの分岐。
ほとんどの人が左に行くので、ちょっと不安に。




ほんとにこっちは人がいないな・・・



ゲートが閉まっていた為、こっちのコースは実は閉鎖中なのかと思いました。



9:32 車道も終わり、いよいよ本格的な登山道へ。
※塩山行 最終のバスまで、あと6時間36分



前半は、特に見せ場のない樹林帯です。


新緑の木々などに、少しウキウキなのも最初だけです。



10:18 道満山に到着。
ここまで来て、そんな名前の山があったことに気付きました。
※塩山行 最終のバスまで、あと5時間48分



晴天なのはいいのですが、久々の登山で、僕の体力の雲行きは徐々に怪しくなっていきます。



疲れた体にはありがたい、なだらかなエリアを通って、



徐々に景色が開けてきます。
やっぱり、景色が開けてくると、不思議と元気になりますね。



そして・・・



今までの樹林帯が嘘のような、草原エリアに着きました。
乾徳山の本体らしきものが見えてきました。
いよいよテンションは上がります。



11:34 どうやら、ここが扇平という場所みたいです。
※塩山行 最終のバスまで、あと4時間34分



本日初富士山、頂きました!



向こうに見えるのは、南アルプスですかね。
この時期は、まだまだ雪深いです。



この壮大な景色に舌鼓・・・ってなわけにもいきません。
帰りのバスまで、後4時間半しかないのですから。



この辺から岩場が増えてきます。
疲労した体には堪える鎖場も・・・




しかし、本当に心配しなきゃいけなかったのは、自分の体力よりも残り時間だったり。



道はどんどん険しくなっていきますが、人が詰まっている為、体力は徐々に回復してきました。



この鎖場が曲者。
「コワーイ!」という女性の悲鳴が。

体力は回復してきていたので、何てことなかったんですが、中々先へ進みません。



写真を撮って、時間を潰しながら先へ進みます。


と、この時、僕の足に異変が・・・。
右の太ももに、脚をつったときのような痛みが走ります。
以前にも同様のことがあったのですが、普段運動してないせいでしょうか?
一旦休憩して、マッサージします。




12:52 いよいよ頂上間近。ここが乾徳山最大のアトラクションです。
この垂直な岩壁の上が頂上です。
しかしこの鎖場、GWの遊園地のアトラクション待ちみたいに人が並んでいます。


結局、時間がない中、30分近く待つはめに・・・。


※塩山行 最終のバスまで、あと3時間16分



人一人が登り切った後に、合図を待って次の人が登り始めます。
※実は迂回路もあるんですが、せっかく来たのに登らない手はありません。



13:18 ついに乾徳山登頂です!
山梨のご当地ブランド「山梨百名山」に認定されてます。



登ったときのこの景色があるから、登山はやめられないんですよね。




山頂は狭い上に、人が沢山いたので、お昼を食べるのは別の場所で。



13:22 山頂の滞在時間としては、今までで最短かもしれないですが、お昼を食べるために、少し下へ向かいます。


※塩山行 最終のバスまで、あと2時間46分



少し下ったところで皆お昼を食べていたので、便乗します。
いつも通りカップ麺ですけど。



カップ麺をすすっていると、いい感じで岩の上に立っている人が。
あそこで記念撮影ってのもしたかったんですけど、時間もない上に、人に頼むのも面倒なので、今回は我慢。



13:53 さてさて、お昼も食べ終わり、ここからが時間との戦いです。
その矢先に、下りでの鎖場渋滞・・・。


※塩山行 最終のバスまで、あと2時間15分



14:17 ようやく扇平まで戻ってきました。
ここから高原ヒュッテ方面へ進みます。


※塩山行 最終のバスまで、あと1時間51分



高原ヒュッテでトイレを借りたんですが、時間がなかったので写真を撮り忘れました。
とりあえず、トイレのある山大好きです。



14:31 名前のついた水場に着きました。



手を洗って、喉を潤しました。
いつも水筒の水が残っていると、中身を入れ替えようか迷います。
うーん、どうしたものか・・・。


※塩山行 最終のバスまで、あと1時間37分



後はひたすら心を無にして下るのみです。



ひたすら樹林帯です。
もう一か所同じ名前の水場があった気がしましたが、時間がないのでスルーしました。



15:26 ようやく登山口に到着です。
何とかバスには間に合いそうですが、ここからまだ車道を歩かなければならないので、油断は禁物です。


※塩山行 最終のバスまで、あと42




※塩山行 最終のバスまで、
あと27分



おお、ゴールが見えてきました。



実は、山梨市駅行のバスが16:51まであったりします。
だけど遠回りなので、塩山行に乗りたかったんです。



15:52 塩山駅行のバスが出るバス停へ到着。
今回も何とか公共交通機関との戦いを制することができました。


※塩山行 最終のバスまで、あと16分





16:56 バスに揺られて再びJR塩山駅



そして駅周辺でお土産を物色し、今回の登山も終了・・・


ではありません。


温泉に入るまでが登山なのです!



駅から少し歩いたところに、塩山温泉郷があります。
今回、親切な山梨マダムが、少し迷っていた僕に道案内をしてくれ、温泉旅館「宏池荘」へ連れて行ってくれました。



温泉旅館とは言っても、近所の人も入りに来る銭湯みたいな感じです。
道案内をしてくれた山梨マダムも、ここへ入りに来る途中だったみたいです。


昔の銭湯みたいに、シャンプーや石鹸は持ってくる必要があり、ドライヤーもありませんが、入浴料400円という驚異的な安さ。
高アルカリ性のぬるぬるとした湯質で、床が滑りやすいと聞いていたにも関わらずこけそうになりました。
露天風呂はありませんが、凄く僕好みのいい湯でした。




なにより、道案内してくれた山梨マダムもそうでしたが、旅館の方も凄く感じがよく、体だけでなく心までほっこりしました。



汗を流したら、歩いて駅まで帰ります。
さらば富士山、さらば山梨。たぶんまたすぐ来ると思うけどね。



いい感じの特急がなかった為、鈍行でゆっくり千葉へと帰りました。



ということで、約4か月ぶりの登山を終えることができました。
しばらく登ってなかったので、また体力が落ち
たような気がします。


これからハイシーズンに向け、色々登って、今年はまだ行けてない北アルプスに行ければと思っています。


次の登山はまだ未定ですが、また近いうちに。

それでは皆さん、お読み頂きありがとうございます。









☆筑波山☆~登山始まりの地 真冬の名峰へ~


ブログを御覧頂いている皆様、いつもありがとうございます。
2018年1月13日、茨城県にある筑波山へ登山へ行きました。


西の富士山、東の筑波山と言われるように、古来より人々から親しまれる名峰中の名峰。当然日本百名山!


そして何より、僕が初めて登山をした山なのです!



あまり同じ山に登ることのない僕ですが、今回は古くからの友人、跳馬 君 が是非筑波山へ登りたいということなので、急遽再訪することになりました。


僕としても、登山バッジを買っていなかった上、訪れるのもほぼ2年ぶり。
原点回帰もいいのではないかということで、富士山以来久々の友人との登山です。




今回ブログ初登場の跳馬 君ですが、いつも武甲山へ行こうとする度に雨を降らせる、
類まれなる“雨男パワー”の持ち主です。


その呪われた力の影響もあってか、彼にとっては一昨年10月の丹沢以来、1年3カ月ぶりの登山となります。



そんなミスター雨男の二つ名を欲しいままにする跳馬 君と行く、冬の筑波山、奇跡の青空登山の始まりです。



この日の始まり、それは僕の寝坊から始まりました。
朝、6:00跳馬 君を車で迎えに行く約束をしてましたが、跳馬 君の電話で6:00に起きるという大失態をやらかしました。


何とか30分で用意を済ませ、跳馬 君を迎えに行くことができましたが、新年早々さい先の悪いスタートです。



9:13 千葉から圏央道を使って、なんやかんやで筑波神社へ到着。
久方ぶりのマイカー登山です。


ナビ通りに行ったら、途中やたらに狭い山道を案内され、傾斜が60度くらいありそうな急坂を登らされました。何だったんだろう・・・。



なんか、場違い感がハンパないような・・。



さてさて、今年は初詣に行ってなかったので、初詣兼登山の安全祈願です。



「二拝二拍手一拝(二礼二拍手一礼)」
という神社のお参り作法 ガン無視跳馬 君。


「でも俺は本来の初詣の作法通り、神様への挨拶だけで、願い事はしなかった!」
と、得意気でしたが、その根拠がどこにあるのかはわかりません。



お参りを終えたら、いざ登山口へ。




これが今日のルートです。
この前は御幸ヶ原コースから登ったので、今回は白雲橋コースから登る筑波山神社を起点とした周回コースを歩きます。


それにしても、何でロープウェーとケーブルカーが両方あるのかな?



9:42 スタートです。



少し行くと分岐点にぶつかります。
右へ行くとつつじヶ丘方面へ。
今回は白雲橋コースの為、左へ進みます。



穏やかな登りが続きます。
今回はマイカー登山の為、荷物も軽めで楽ちん。
ブランクのある跳馬 君の後ろについて、ゆっくりと登ります。



距離的にもいつもの半分くらいなので、久しぶりの楽な登山です。



少し傾斜が出てきたので、疲れを見せ始める跳馬 君。
といっても、もう少しですから。



11:02 弁慶茶屋後に到着。ここで小休止。
真冬だというのに、この登山客の数。流石名峰ですね。



少し休んだら、先へ。



基本的に難所と呼ぶような場所はありません。
最低限の装備と体力さえあれば、誰でも登れるかと。



いい加減30代の男のケツばかり撮っているのも飽きてきました。
でも我慢。
当ブログは、硬派でストイックな登山ブログの為、山ガールだのボーイミーツガールだの、そういう軟派な要素は、あえて登場しません。
そう、あえて・・・。



さーて、そろそろ最高峰の女体山の頂です。
筑波山男体山女体山という二つのピークを持つ、双耳峰です。
ちなみに、西側の男体山(標高871m東側の女体山(標高877m
いつの時代も女性の方が強いんですね。



山頂へ向かう最後の階段を登ると・・・。



11:51 最高峰である女体山山頂に到着!
とても低山とは思えない圧倒的絶景が広がります!



登山を始めてから数々の名峰を経て、始まりの山である筑波山へついに凱旋を果たしました。



落ちたら間違いなく死んじゃうきわどい岩へ乗って、記念撮影。
人と来ると、こういうことが気兼ねなくできるのがいいですね。



ミスター雨男の異名を持つ跳馬 君ですが、この奇跡的晴天は何か天変地異の予兆なのではないでしょうか?



なんかカワイイ奴が背負われてました。
つい撮ってしまった。




右の奥に見えるのは、もう一つのピークである男体山。



尾根の先に見えるのは、ロープウェーの駅があるつつじヶ丘。
右奥に少し見えるのは、霞ケ浦です。


あんまり写真を撮られるのに慣れてないので、気の利いたポーズができない自分。




もう雨男なんて呼ばせない!
そんな意気込みを感じさせる、渾身のガッツポーズをする跳馬 君。
だけど、彼が行く登山の悪天候の打率は9割を越えているので、雨男を払拭するには、まだまだ先は長いようです。



遠くでグライダー(?)が飛んでいました。
気持ち良さそうです。



女体山の山頂は狭いので、御覧の通り人がひしめきあっています。
いつも山頂でお昼をとりますが、流石にここでは困難。



記念撮影をして、男体山方面へ。



ちなみに、遠くに見えるのは日光連山。中央の均整の取れた山は日光男体山です。
一昨年の山の日に登りました。



で、紛らわしいですが、こっちが筑波山の男体山。



12:25 たっぷり山頂に居座った僕らは、御幸ヶ原へ。



途中の売店で念願の登山バッジをゲットしました。
伊吹山の時みたいに、これでもかってくらい種類豊富です。
どうやら、登山バッジの多さが名峰のステータスのようです。



ガマの油売りで有名な筑波山にちなんで、カエルのバッジをゲット。



12:38 ケーブルカーの駅がある御幸ヶ原に到着。
お店が立ち並び、もう観光地ですね。



ベンチが開いたので、ちょっと遅いお昼にします。



山頂ではないですが、この見晴らしでの昼食は価値ありです。



日光連山那須の山々を見ながらいつも通りカップ麺をすすります。




13:25 もう目と鼻の先にある男体山へ。



ケーブルカーで来れるので、一般の方もちらほら。
この前は、クロックスで登ってる奴もいたな・・・。
さすがにスニーカーくらいは履いて来ましょう。



13:37 あっという間に男体山山頂へ。
見晴らしもクソもないので、あんまり感慨がわかないような・・。



後から地図を見てみたら、少し行ったところに展望地があるようです。
次に来る時までお預け。



それっぽいところを見つけて、要所要所で記念撮影。



男体山から見た女体山。
高さも眺望も女体山に負けてしまっていますが、僕は男としてそんな男体山を応援したいと思います。


13:59 御幸ヶ原に戻ってきました。



もう思い残すことはないので、下山します。
いたるところにある関東ふれあいの道を発見。



帰りは、以前登りで使った御幸ヶ原コース。
ケーブルカーが並走しています。



特に何があるわけでもない普通の登山道です。
途中、アメリカ人みたいな女の子が休憩していて、山頂まであと40分かかると聞き、悲鳴を上げてました。



15:08 あっという間に筑波山神社に戻ってきました。



これって、君が代のやつですかね?



温泉に入る前にお土産を物色。
このブログでは記事にのっけてませんでしたが、僕は登山に行くと、母親へその土地のお酒買っていくのが習慣となっています。


そういう風にして、僕は普段から親孝行を心掛けているのです。


※決して、ポイントを稼いで結婚しない自分への風当たりをそらそうとか、そういう邪まな考えからではないですよ。断じて!



そして、日本酒好きな人におすすめなのが、このお酒。
霧筑波です。
すっきりと洗練された味わいです。



なんだか変態臭のするゆるキャラ、ねばーる君の納豆せんべいを購入。



ミカンの入った珍しい七味を買いました。

テレビにも出たらしいです。



お土産を買い終えた僕らは、今日の日帰り温泉であるつくばの湯へ。
筑波神社から車で5分くらいです。



単純アルカリ泉で、施設に関しては特に文句はありませんが、土日祝日の入浴料が大人1,300円と非常にお高め。
安いところと比較すると、倍くらいとられます。
競合他社がいない為でしょうか。



運転してきて疲れていたせいか、露天風呂につかってウトウト。
車で来ていた為、家に帰ってから二人で家飲み兼反省会をしました。


そして、今年こそは念願の武甲山へ登るのだと二人で決起。
僕としては、花粉のシーズンが始まる前にもう一山登りたいところです。


それでは、ブログを御覧頂いた親愛なる皆々様、ありがとうございました。
また次回もこの場所でお会いできたら嬉しいです。








☆檜洞丸~蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳☆~丹沢主稜縦走 2017年最後の旅(後編)~



皆さん、こんにちわ!
いつもお読み頂き、ありがとうございます。
冬の丹沢主稜縦走 2日目の朝がやってまいりました。





正直、昨日蛭ヶ岳まで行くので、僕の体力は尽きかけていました。
今日は、山小屋のある蛭ヶ岳から百名山の丹沢山塔ノ岳を通り、バス停のある大倉まで下ります。


5:30 山小屋の朝は早いです。
本日はちゃんと朝ご飯を食べてました。


ごはん・味噌汁・おしんこ・こんにゃくゼリーなど・・・
素朴な感じですが、僕は結構好きでした。
寝ぼけ眼で写真撮るの忘れました。




蛭ヶ岳の登山バッジゲット!
お世話になった管理人さんにお礼を言って、出発します。
昨日は怒られましたが、いい方ですよ。



7:13 出発。天気予報では晴れなのですが、あたりはすっかりガスってました。
どうやら山の上だけに雲がかかっているようです。とほほ・・・。



木々には樹氷が。当然のことながら氷点下の世界です。
樹氷は綺麗ですが、風が吹くと、氷が顔に当たって痛かったな・・・。




昨日の蛭ヶ岳の急斜面とは大違いの緩やかなアップダウンが続きます。
こっちから来ればもっと楽だったかも。



徐々に晴れてくる兆しが・・・。
晴れるのを待つようにゆっくりと進みます。



以外に距離のある丹沢山
昨日のハードな登山のおかげで、歩いている最中に筋肉痛になるという新鮮な経験をすることができました。



あれ、水筒の中に何か固形物があるような・・・。



おお、霧の向こうに丹沢山が見えてきました。
この山塊の象徴である日本百名山です。



そのまた向こうに見えるのは、この山域でも人気の高い塔ノ岳。



晴れそうなんだけどな・・・。



8:54 丹沢山に到着しました。
相変わらずガスっていて景色は無し。



雪がちらついていました。
最早、樹氷なんだか、霜なんだかわかりません。



みやま山荘に寄りました。
ネット等でも評判の良い山小屋です。
今度丹沢に来るときは、泊まってみたいです。



本日2個目の登山バッジゲット!


水分補給して先へ進もうとしたところ、事件が・・・。





こ・・これは・・・?


こ・・凍っている!?


水筒の水はすっかり凍りついていました。
上の方を割って、何とか呑みます。



今日はあともう一山超えないといけません。
一度行ったことのある塔ノ岳です。
大した距離ではないのですが、疲れていたのでやたら遠く感じました。



昨日通った西丹沢方面。



あともうちょっと。山小屋も見えてきました。



最後の階段を登って・・・。



10:06 塔ノ岳到着!


だいぶ雲も晴れてきました。



去年来た時は真っ白けでしたが、塔ノ岳ってこんなに眺望の良い山だったんですね。




そして昨年買いそびれた登山バッジと尊仏山荘オリジナルの手拭いをゲット!
丹沢にある山のバッジはその山まで行かないと買えないので、注意。



10:26 下山開始。
バス停のある大倉まで向かいますが、距離は・・7キロ!?
下りとはいえ、長いな・・・。



この大倉尾根は、通称馬鹿尾根と呼ばれ、眺望もなく、うんざりするほど単調な登りがずっと続きます。


塔ノ岳へ登る際は、ヤビツ峠から登って大倉尾根は下りで使うことを推奨します。



昨日泊まった蛭ヶ岳が見えました。
実際登ってわかりましたが、日帰りで行くの厳しいアクセス難の山です。



だいぶ温かくなってきました。
ザックを下ろしてハードシェルを脱ぐと・・・。



鹿を発見! 呑気に草を食ってました。



鹿を見ると、丹沢に来たって気がします。



後は特に見所もない単調な下りをひたすら歩きます。



誰かの手袋が差してありました。忘れ物かな?



所々山小屋が点在。




単調な下りもやっと終わり。
やっぱり登りには使いたくない道です。
怪しげな人形が置いてありました。



12:37 大倉のバス停に到着。
二日間の長い山行もこれで終わり。
とりあえず渋沢駅まで行って、電車で日帰り温泉を目指します。



13:07 渋沢駅に着きました。
大倉の良いところは、他の登山口に比べて駅から近く、バスの本数もあること。
あまりバスの心配はしなくて済みます。



小田急線に乗って鶴巻温泉駅まで行きました。



さすが「温泉」の名前を冠している駅だけあって、歩いて数分のところに日帰り温泉、弘法の湯があります。
ここで二日分の汗を流しました。





施設の中に蕎麦屋があったので、少し遅い昼食。
本当はビールを飲みたい気分でしたが、今日は19:00時から忘年会があるので、夜まで我慢。



軽くかどうかはわかりませんが、鴨せいろを食べました。
忘年会に間に合うよう千葉まで帰らないといけなかった為、あまりゆっくりとはしていられません。


家に帰る時間がなかったので、登山帰り丸出しのでかいザックを背負ったまま忘年会へ行きました。




こうして、僕の2017年最後の旅は終わりました。
まとまった休みが取れれば、山小屋泊でもっと色々な所へ行ってみたい今日この頃です。


こないだ、久々に友人と真冬の筑波山に登ってきました。
僕の登山始まりの地です。近いうちに記事をアップします。


それでは、お読み頂きありがとうございました。