素人登山者の山行クロニクルズ

アウトドアとは無縁な生活を送っていた引きこもり系会社員が、何を血迷ったか、登山にハマってしまいました。
主に素人登山者の行く、素晴らしき登山(珍道中)の記録です。

☆筑波山☆~登山始まりの地 真冬の名峰へ~


ブログを御覧頂いている皆様、いつもありがとうございます。
2018年1月13日、茨城県にある筑波山へ登山へ行きました。


西の富士山、東の筑波山と言われるように、古来より人々から親しまれる名峰中の名峰。当然日本百名山!


そして何より、僕が初めて登山をした山なのです!



あまり同じ山に登ることのない僕ですが、今回は古くからの友人、跳馬 君 が是非筑波山へ登りたいということなので、急遽再訪することになりました。


僕としても、登山バッジを買っていなかった上、訪れるのもほぼ2年ぶり。
原点回帰もいいのではないかということで、富士山以来久々の友人との登山です。




今回ブログ初登場の跳馬 君ですが、いつも武甲山へ行こうとする度に雨を降らせる、
類まれなる“雨男パワー”の持ち主です。


その呪われた力の影響もあってか、彼にとっては一昨年10月の丹沢以来、1年3カ月ぶりの登山となります。



そんなミスター雨男の二つ名を欲しいままにする跳馬 君と行く、冬の筑波山、奇跡の青空登山の始まりです。



この日の始まり、それは僕の寝坊から始まりました。
朝、6:00跳馬 君を車で迎えに行く約束をしてましたが、跳馬 君の電話で6:00に起きるという大失態をやらかしました。


何とか30分で用意を済ませ、跳馬 君を迎えに行くことができましたが、新年早々さい先の悪いスタートです。



9:13 千葉から圏央道を使って、なんやかんやで筑波神社へ到着。
久方ぶりのマイカー登山です。


ナビ通りに行ったら、途中やたらに狭い山道を案内され、傾斜が60度くらいありそうな急坂を登らされました。何だったんだろう・・・。



なんか、場違い感がハンパないような・・。



さてさて、今年は初詣に行ってなかったので、初詣兼登山の安全祈願です。



「二拝二拍手一拝(二礼二拍手一礼)」
という神社のお参り作法 ガン無視跳馬 君。


「でも俺は本来の初詣の作法通り、神様への挨拶だけで、願い事はしなかった!」
と、得意気でしたが、その根拠がどこにあるのかはわかりません。



お参りを終えたら、いざ登山口へ。




これが今日のルートです。
この前は御幸ヶ原コースから登ったので、今回は白雲橋コースから登る筑波山神社を起点とした周回コースを歩きます。


それにしても、何でロープウェーとケーブルカーが両方あるのかな?



9:42 スタートです。



少し行くと分岐点にぶつかります。
右へ行くとつつじヶ丘方面へ。
今回は白雲橋コースの為、左へ進みます。



穏やかな登りが続きます。
今回はマイカー登山の為、荷物も軽めで楽ちん。
ブランクのある跳馬 君の後ろについて、ゆっくりと登ります。



距離的にもいつもの半分くらいなので、久しぶりの楽な登山です。



少し傾斜が出てきたので、疲れを見せ始める跳馬 君。
といっても、もう少しですから。



11:02 弁慶茶屋後に到着。ここで小休止。
真冬だというのに、この登山客の数。流石名峰ですね。



少し休んだら、先へ。



基本的に難所と呼ぶような場所はありません。
最低限の装備と体力さえあれば、誰でも登れるかと。



いい加減30代の男のケツばかり撮っているのも飽きてきました。
でも我慢。
当ブログは、硬派でストイックな登山ブログの為、山ガールだのボーイミーツガールだの、そういう軟派な要素は、あえて登場しません。
そう、あえて・・・。



さーて、そろそろ最高峰の女体山の頂です。
筑波山男体山女体山という二つのピークを持つ、双耳峰です。
ちなみに、西側の男体山(標高871m東側の女体山(標高877m
いつの時代も女性の方が強いんですね。



山頂へ向かう最後の階段を登ると・・・。



11:51 最高峰である女体山山頂に到着!
とても低山とは思えない圧倒的絶景が広がります!



登山を始めてから数々の名峰を経て、始まりの山である筑波山へついに凱旋を果たしました。



落ちたら間違いなく死んじゃうきわどい岩へ乗って、記念撮影。
人と来ると、こういうことが気兼ねなくできるのがいいですね。



ミスター雨男の異名を持つ跳馬 君ですが、この奇跡的晴天は何か天変地異の予兆なのではないでしょうか?



なんかカワイイ奴が背負われてました。
つい撮ってしまった。




右の奥に見えるのは、もう一つのピークである男体山。



尾根の先に見えるのは、ロープウェーの駅があるつつじヶ丘。
右奥に少し見えるのは、霞ケ浦です。


あんまり写真を撮られるのに慣れてないので、気の利いたポーズができない自分。




もう雨男なんて呼ばせない!
そんな意気込みを感じさせる、渾身のガッツポーズをする跳馬 君。
だけど、彼が行く登山の悪天候の打率は9割を越えているので、雨男を払拭するには、まだまだ先は長いようです。



遠くでグライダー(?)が飛んでいました。
気持ち良さそうです。



女体山の山頂は狭いので、御覧の通り人がひしめきあっています。
いつも山頂でお昼をとりますが、流石にここでは困難。



記念撮影をして、男体山方面へ。



ちなみに、遠くに見えるのは日光連山。中央の均整の取れた山は日光男体山です。
一昨年の山の日に登りました。



で、紛らわしいですが、こっちが筑波山の男体山。



12:25 たっぷり山頂に居座った僕らは、御幸ヶ原へ。



途中の売店で念願の登山バッジをゲットしました。
伊吹山の時みたいに、これでもかってくらい種類豊富です。
どうやら、登山バッジの多さが名峰のステータスのようです。



ガマの油売りで有名な筑波山にちなんで、カエルのバッジをゲット。



12:38 ケーブルカーの駅がある御幸ヶ原に到着。
お店が立ち並び、もう観光地ですね。



ベンチが開いたので、ちょっと遅いお昼にします。



山頂ではないですが、この見晴らしでの昼食は価値ありです。



日光連山那須の山々を見ながらいつも通りカップ麺をすすります。




13:25 もう目と鼻の先にある男体山へ。



ケーブルカーで来れるので、一般の方もちらほら。
この前は、クロックスで登ってる奴もいたな・・・。
さすがにスニーカーくらいは履いて来ましょう。



13:37 あっという間に男体山山頂へ。
見晴らしもクソもないので、あんまり感慨がわかないような・・。



後から地図を見てみたら、少し行ったところに展望地があるようです。
次に来る時までお預け。



それっぽいところを見つけて、要所要所で記念撮影。



男体山から見た女体山。
高さも眺望も女体山に負けてしまっていますが、僕は男としてそんな男体山を応援したいと思います。


13:59 御幸ヶ原に戻ってきました。



もう思い残すことはないので、下山します。
いたるところにある関東ふれあいの道を発見。



帰りは、以前登りで使った御幸ヶ原コース。
ケーブルカーが並走しています。



特に何があるわけでもない普通の登山道です。
途中、アメリカ人みたいな女の子が休憩していて、山頂まであと40分かかると聞き、悲鳴を上げてました。



15:08 あっという間に筑波山神社に戻ってきました。



これって、君が代のやつですかね?



温泉に入る前にお土産を物色。
このブログでは記事にのっけてませんでしたが、僕は登山に行くと、母親へその土地のお酒買っていくのが習慣となっています。


そういう風にして、僕は普段から親孝行を心掛けているのです。


※決して、ポイントを稼いで結婚しない自分への風当たりをそらそうとか、そういう邪まな考えからではないですよ。断じて!



そして、日本酒好きな人におすすめなのが、このお酒。
霧筑波です。
すっきりと洗練された味わいです。



なんだか変態臭のするゆるキャラ、ねばーる君の納豆せんべいを購入。



ミカンの入った珍しい七味を買いました。

テレビにも出たらしいです。



お土産を買い終えた僕らは、今日の日帰り温泉であるつくばの湯へ。
筑波神社から車で5分くらいです。



単純アルカリ泉で、施設に関しては特に文句はありませんが、土日祝日の入浴料が大人1,300円と非常にお高め。
安いところと比較すると、倍くらいとられます。
競合他社がいない為でしょうか。



運転してきて疲れていたせいか、露天風呂につかってウトウト。
車で来ていた為、家に帰ってから二人で家飲み兼反省会をしました。


そして、今年こそは念願の武甲山へ登るのだと二人で決起。
僕としては、花粉のシーズンが始まる前にもう一山登りたいところです。


それでは、ブログを御覧頂いた親愛なる皆々様、ありがとうございました。
また次回もこの場所でお会いできたら嬉しいです。








☆檜洞丸~蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳☆~丹沢主稜縦走 2017年最後の旅(後編)~



皆さん、こんにちわ!
いつもお読み頂き、ありがとうございます。
冬の丹沢主稜縦走 2日目の朝がやってまいりました。





正直、昨日蛭ヶ岳まで行くので、僕の体力は尽きかけていました。
今日は、山小屋のある蛭ヶ岳から百名山の丹沢山塔ノ岳を通り、バス停のある大倉まで下ります。


5:30 山小屋の朝は早いです。
本日はちゃんと朝ご飯を食べてました。


ごはん・味噌汁・おしんこ・こんにゃくゼリーなど・・・
素朴な感じですが、僕は結構好きでした。
寝ぼけ眼で写真撮るの忘れました。




蛭ヶ岳の登山バッジゲット!
お世話になった管理人さんにお礼を言って、出発します。
昨日は怒られましたが、いい方ですよ。



7:13 出発。天気予報では晴れなのですが、あたりはすっかりガスってました。
どうやら山の上だけに雲がかかっているようです。とほほ・・・。



木々には樹氷が。当然のことながら氷点下の世界です。
樹氷は綺麗ですが、風が吹くと、氷が顔に当たって痛かったな・・・。




昨日の蛭ヶ岳の急斜面とは大違いの緩やかなアップダウンが続きます。
こっちから来ればもっと楽だったかも。



徐々に晴れてくる兆しが・・・。
晴れるのを待つようにゆっくりと進みます。



以外に距離のある丹沢山
昨日のハードな登山のおかげで、歩いている最中に筋肉痛になるという新鮮な経験をすることができました。



あれ、水筒の中に何か固形物があるような・・・。



おお、霧の向こうに丹沢山が見えてきました。
この山塊の象徴である日本百名山です。



そのまた向こうに見えるのは、この山域でも人気の高い塔ノ岳。



晴れそうなんだけどな・・・。



8:54 丹沢山に到着しました。
相変わらずガスっていて景色は無し。



雪がちらついていました。
最早、樹氷なんだか、霜なんだかわかりません。



みやま山荘に寄りました。
ネット等でも評判の良い山小屋です。
今度丹沢に来るときは、泊まってみたいです。



本日2個目の登山バッジゲット!


水分補給して先へ進もうとしたところ、事件が・・・。





こ・・これは・・・?


こ・・凍っている!?


水筒の水はすっかり凍りついていました。
上の方を割って、何とか呑みます。



今日はあともう一山超えないといけません。
一度行ったことのある塔ノ岳です。
大した距離ではないのですが、疲れていたのでやたら遠く感じました。



昨日通った西丹沢方面。



あともうちょっと。山小屋も見えてきました。



最後の階段を登って・・・。



10:06 塔ノ岳到着!


だいぶ雲も晴れてきました。



去年来た時は真っ白けでしたが、塔ノ岳ってこんなに眺望の良い山だったんですね。




そして昨年買いそびれた登山バッジと尊仏山荘オリジナルの手拭いをゲット!
丹沢にある山のバッジはその山まで行かないと買えないので、注意。



10:26 下山開始。
バス停のある大倉まで向かいますが、距離は・・7キロ!?
下りとはいえ、長いな・・・。



この大倉尾根は、通称馬鹿尾根と呼ばれ、眺望もなく、うんざりするほど単調な登りがずっと続きます。


塔ノ岳へ登る際は、ヤビツ峠から登って大倉尾根は下りで使うことを推奨します。



昨日泊まった蛭ヶ岳が見えました。
実際登ってわかりましたが、日帰りで行くの厳しいアクセス難の山です。



だいぶ温かくなってきました。
ザックを下ろしてハードシェルを脱ぐと・・・。



鹿を発見! 呑気に草を食ってました。



鹿を見ると、丹沢に来たって気がします。



後は特に見所もない単調な下りをひたすら歩きます。



誰かの手袋が差してありました。忘れ物かな?



所々山小屋が点在。




単調な下りもやっと終わり。
やっぱり登りには使いたくない道です。
怪しげな人形が置いてありました。



12:37 大倉のバス停に到着。
二日間の長い山行もこれで終わり。
とりあえず渋沢駅まで行って、電車で日帰り温泉を目指します。



13:07 渋沢駅に着きました。
大倉の良いところは、他の登山口に比べて駅から近く、バスの本数もあること。
あまりバスの心配はしなくて済みます。



小田急線に乗って鶴巻温泉駅まで行きました。



さすが「温泉」の名前を冠している駅だけあって、歩いて数分のところに日帰り温泉、弘法の湯があります。
ここで二日分の汗を流しました。





施設の中に蕎麦屋があったので、少し遅い昼食。
本当はビールを飲みたい気分でしたが、今日は19:00時から忘年会があるので、夜まで我慢。



軽くかどうかはわかりませんが、鴨せいろを食べました。
忘年会に間に合うよう千葉まで帰らないといけなかった為、あまりゆっくりとはしていられません。


家に帰る時間がなかったので、登山帰り丸出しのでかいザックを背負ったまま忘年会へ行きました。




こうして、僕の2017年最後の旅は終わりました。
まとまった休みが取れれば、山小屋泊でもっと色々な所へ行ってみたい今日この頃です。


こないだ、久々に友人と真冬の筑波山に登ってきました。
僕の登山始まりの地です。近いうちに記事をアップします。


それでは、お読み頂きありがとうございました。









☆檜洞丸~蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳☆~丹沢主稜縦走 2017年最後の旅(前編)~


皆さん、明けましておめでとうございます。
昨年からブログを始め、少ない更新ですが何とか続けております。
日頃から御覧頂いている皆様には、感謝感謝です。


本年も、
硬派で健全な、安心安全の登山ブログ
を掲載していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。


さてさて、新年最初の記事は、2017年の12月19日~20日にかけて、神奈川県の丹沢へ山小屋泊で行ってきました。



西丹沢から、檜洞丸、神奈川最高峰の蛭ヶ岳、百名山の丹沢山塔ノ岳を経由して大倉に下りるという、丹沢山塊を代表する名峰を一網打尽にできる贅沢ルートを歩いてきました。

富士山以外では初の山小屋泊での丹沢主稜縦走ロングルートの(やっぱりトラブルに見舞われる)旅、スタートです!




旅の始まりは、新宿駅から。
千葉からだと微妙にアクセスし辛い丹沢方面へ、小田急線で向かいます。




小田急ロマンスカーで向かいます。
別にロマンスカーに乗らなくても行けるんですが、乗るメリットも結構あります。


・何といっても快適だ!
・でかいザックを背負っていても、他のお客さんの邪魔にならない
・気兼ねなく朝ご飯が食べられる
・旅をしているという特別感が味わえる
・出入口が近くにないので温かい


と列挙してみましたが、自分としては乗ること自体が結構楽しみだったり・・・。
+690円のプチ贅沢。あなたならどうする?




8:12 一時間ちょいで新松田駅に着きました。



丹沢に登山に来るのは、今回が二度目です。
昨年の10月に友人たちと塔ノ岳へ登って以来です。


↓ ↓ ↓




2016.10.22 
顔を隠す処理をしないで済むほど、これでもかってくらいガスってました。



今回は塔ノ岳も通りますし、去年の無念を晴らす、絶好のチャンスです。



8:20 路線バスに乗って、西丹沢ビジターセンターを目指します。
本数はあまりないので、事前に調べておきましょう。乗り遅れたら、タクシーを使うか、登山を諦めるかしかなくなります。



所要時間 1時間11分のロングフライトを経て、西丹沢ビジターセンターへ到着



登山届を出して、少し中を見学。こんなにのんびりしてていいのかな。



とりあえず、ビジターセンターを出て、登山口へと向かいました。



凄く分りにくい看板がありました。
初心者なので、間違えて右に曲がりそうになりました。
惑わされずに真っすぐ進みます。



10:03 登山口に到着しました。
時間的になんだか危なっかしい気がしますが・・・。



この時の僕は、
どうせ山小屋に泊まるから、多少スタートが遅くても余裕だろ!
と、たかをくくっていました。



後で“ぎゃふん”と言います。




これが今回のルート。今日は西丹沢から檜洞丸を経由して、丹沢最高峰の蛭ヶ岳を目指します。



どうやら、登山道を直す工事中のようで、どこを歩いたらいいかわからないくらい、道が荒れ果てていました。



少し進むと木の階段があり、ちゃんとした登山道になります。
最初は穏やかな登りで、癒されます。



ところどころ木の階段みたいなのが朽ち果てています。
沢が見えてきました。



登山道絶賛修理中です。工事の方に挨拶。



10:42 ゴーラ沢出合に到着です。やけに丁寧な看板がありました。





川の石の上を器用に渡って・・・



檜洞丸への正規ルートがありました。
ちゃんとした防水の登山靴でないと浸水するかもですね。



沢を越えると、待っていたのは鎖場でした。
前半の鎖場恐れるに足らず・・・。
もっと僕が疲れたときに出直してくるのだな!



穏やかな登りが続きます。まだまだ余裕。



何やら、頂上の前に展望台があるみたいです。
ちょっと楽しみ。



そしてここが展望台。



眺めは・・・それなりです。



いやいや、それにしても素晴らしい冬晴れですな。



山頂まであとちょっと、大好きな木道がありました。



13:05 ようやく檜洞丸到着です。約3時間かかりました。
コースタイム的には、ぼちぼちといったところ。



山頂は木が茂っている為、眺望はあまりなし。
ベンチがあるので、お昼をとるにはいい場所です。
誰かのザックが放置されていました。



富士山はかろうじてよく見えます。



もう13時なので、とりあえずお昼お昼。いつもより大きめのカップ麺。
気圧差でパンパンです。



小屋泊なので、冬山ではありますが、水を2リットル以上持ってきました。
消費しないと重くて堪りません。



13:46 いつもならこれから下山して終わりなのですが、今日はもうひと山登らにゃなりません。時間も押しているので出発します。



なんか不吉な看板がありました。嫌な予感・・・。




山頂からすぐ近くに青ケ岳山荘がありますが、この時は誰もいませんでした。
できれば登山バッジとか売ってないかと覗きましたが、あるのかどうかは不明。
たぶんなさそう。



トイレだけ行って先へ進みます。
トイレの心配のない山、サイコーです。



目的地の蛭ヶ岳が見えます。そこまで遠くはないのかな?



期待を裏切らないアップダウンが続きます。
既に一山登って疲労した体には、過剰なサービスです。



束の間の平たい道。だけどアップダウンは続きます。



15:20 やっとこさ臼が岳に到着しました。
そんな余韻に浸る余裕もなく、時間が押している為、次へ進みます。



蛭ヶ岳が見えますが、何だか絶望的な距離感です。



雪みたいなのが・・・。
辺りは薄暗くなっていきます。



アップダウンが続き、ようやく蛭ヶ岳本体へ。
だけど、こんな急斜面どうやって登って行くのかな?



だよね~


土壇場に来て、鎖場ラッシュ!

さっき、疲れてからまた来いとか言ってすみませんでした!



鎖場・急斜面に四苦八苦する僕に、刻一刻と日没が迫っていました。
まさに僕の運命は、あの沈みゆく太陽と共に・・・
と、馬鹿なことを考えながら登ります。



実はこのルート、去年の2月に一度計画しましたが、来なくて良かったです。
雪が積もってたら絶対無理でした。



すっかり暗くなった頃、ようやくあの急斜面を登り終えようとしていました。
もう疲労困憊です。



そんな僕の目の前に・・・




一瞬何かと思いました。そうか、丹沢といえば!
蛭ヶ岳で鹿のお出迎えです。



16:46 満身創痍の中、蛭ヶ岳登頂です。



暗くなる前に急いで景色を見なければ。





景色の雄大さも、丹沢最高峰でした。


西は富士山、東は横浜や東京の街並みが広がっていました。
圧巻です!




今日の宿、蛭ヶ岳山荘です。


さー疲れたし、山小屋にでも入ってゆっくり休むとしますか~




そして僕を待っていたのは・・・





どうやら、山小屋には安全の為、16:00までには着かなきゃいけないみたいです。
そういえば、そんな話あったかも・・・。
素人丸出しです。


山小屋に入った途端、管理人に怒られる30代独身実家暮らし・・・。


※登山は余裕をもった計画を立て、自らの体力に見合ったコースを選びましょう。



平日ということで、泊り客は自分を合わせて5人。
寝室は暖房がないので凄く寒いです。
この日の晩御飯は「おでん」だったみたいですが、僕はあまりねりものが得意でないので、夜もカップ麺を食べました。



眼下には見事な夜景が広がっていました。
でも、僕のカメラの腕では夜景を上手く撮れません。
だれかカメラ教えて下さい。


夜20:00 には就寝。
布団と毛布があるからといって、12月の山頂は激寒でした。
ズボンの下のタイツを脱いだら、寒くて中々眠れず・・・。



お読み頂き、どうもありがとうございます。
ぐでぐでのまま、冬の丹沢主稜縦走 後編へ続きます。